雄勝石の粉を粘土や釉薬に使った日用の器「ほってぇ皿」の販売体験会

ogatsu2

12月2日(土)、道の駅「上品の郷」で、OGATSU X(雄勝小5~6年生10名)による「ほってぇ皿」の販売体験会がありました。

なんと、午前中の3時間で130枚完売!

「ほってぇ皿」は、雄勝石粉を粘土や釉薬に使った日用の器です。地域資源を利活用した商品開発を行う仮想の会社「こども芸術カンパニー OGATSU X」の活動の一環として、地域住民の方々や専門家にご協力頂き、昨年度から取り組んできました。

お皿の制作はもちろん、売り場づくりやCM動画の制作にもチャレンジしました。また、値段設定も消費者(学校の先生や保護者など)の意見をマーケティングしながら、自分達でおこないました。その際、自分達の思いを理解してくれる人に買って欲しいから安売りしたくない、という意見もでるなど、周りの大人も驚かされることの連続となりました。一連のワークショップから得た気づきや学びは、早めに整理してまとめたいと思います。

ogatsu1

0U9A0867

※こども芸術カンパニー OGATSU Xとは
スイスに拠点を置く財団「日本の子供たち」の支援を受け、京都造形芸術大学が企画・運営を行う社会貢献事業で、 2014年度から2018年度までの5年間、東北のこどもたちを対象に実施する芸術教育支援活動「こども芸術の村」プロジェクトの一環として行っている活動です。

※京都造形芸術大学「こどもの村」プロジェクトと石巻市立雄勝小学校は、 2017年 7月 5日付で人材育成と芸術教の普及啓発、地域 経済の活性化に係る連携協定を締結しています。