二人の建築家は今、何を思う。トークイベント『縄文という名の病』@エフエムたいはくラウンジ

トークイベントに呼んで頂き、建築と縄文とのつながりや自分の生活圏内に豊富に残る縄文、こども芸術の村プロジェクトを通して取り組んでいること、見えてきたこと等について話をしました。

FM_taihaku

二人の建築家は今、何を思う。
トークイベント『縄文という名の病』@エフエムたいはくラウンジ

●日 時:2016年4月22日(金)19:00~20:30
●会 場:エフエムたいはくラウンジ
(仙台市太白区長町3-9-10)
●定 員:20名(要申込)
●参加費:1,000円
●ゲスト患者:海子揮一氏(S.E.A.海建築事務所)
早川欣哉氏(早川建築研究所)
●聞き手:由利収氏(由利設計工房)
●担当医:桃生和成(つれづれ団団長)
●申込方法:参加ボタンをぽちっとお願いします。

●企画:つれづれ団
●協力:冒険図書館プロジェクト
↓詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/206032499771891